携帯2社、市場停滞でも増益 値引き規制ねじれた効果

2020/2/7 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年10月に携帯電話料金下げを狙った新ルールが始まってから最初の携帯大手の四半期決算が7日出そろった。通信料金下げに伴う収益悪化観測とは裏腹に、19年10~12月期はソフトバンクとKDDIが二けた増益になった。端末価格の安売りを規制した結果、新規の販売台数が減少。販売促進費などのコストが減ったため増益になるというねじれた構図となっている。

ソフトバンクグループの国内通信子会社、ソフトバンク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]