アイルランド総選挙、与党苦戦 8日に投票
対英政策に影響も

2020/2/7 20:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=中島裕介】8日に投票日を迎えるアイルランド議会下院の総選挙で、バラッカー首相率いる少数与党の統一アイルランド党が苦戦している。バラッカー氏は英国の欧州連合(EU)離脱の懸案だった英領北アイルランドの国境問題を打開した点をアピールするが、住宅価格の高騰など内政に足を引っ張られ支持が伸びない。代わりにアイルランド島統一を求める政党が支持を集めるなど、対英政策に影響が出る可能性もある。

総…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]