新型肺炎、防護服足りない デュポンなど中国供給増

2020/2/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療機関で使う化学防護服の発注が急増し、国内で品不足が起きている。最大手の米デュポンなどは感染者が急増する中国への供給を増やしており、日本向けを増やしにくい。東レも「完全受注生産のため在庫が少なく、大量の供給には時間がかかる」という。医療機関での感染予防対策に支障が出る可能性もある。

化学防護服は飛沫感染や接触感染を防ぐために宇宙服のように全身を覆う。ウイルス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]