/

この記事は会員限定です

ANA、羽田空港に大型自動運転バス 20年デビュー狙う

[有料会員限定]

全日本空輸(ANA)は、2020年1月下旬に羽田空港で大型電気自動車(EV)バスを使った自動運転の実証実験を行った。実施に際しては、ANA自らが57人乗りの中国BYD製のEVバスを購入。同社は自動運転が実用化の段階に近づいたと判断し、20年中には乗客や乗員を実際に乗せた試験運用を開始する予定だ。

航空旅客需要が増加する一方で、生産年齢人口は減少しており、人手不足は必至。「人手に頼る部分が多い空港...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2686文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン