/

この記事は会員限定です

厚岸蒸溜所が初の3年モノ、北の地ウイスキー本格始動

[有料会員限定]

輸入食品原材料の専門商社、堅展実業(東京・千代田)が27日、2016年に開設した厚岸蒸溜所(北海道厚岸町)で3年超の熟成期間を経たウイスキーの新製品を発売する。本場英国が認める3年超の熟成を経たウイスキーは同所で初めて。北海道で80年ぶりに開設された蒸留所の新たなブランド作りが本格化する。

「厚岸ウイスキー サロルンカムイ」は200ミリリットル入りで、希望小売価格は税別5千円。同社が16年11月に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1035文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン