厚岸蒸溜所が初の3年モノ、北の地ウイスキー本格始動

2020/2/10 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

輸入食品原材料の専門商社、堅展実業(東京・千代田)が27日、2016年に開設した厚岸蒸溜所(北海道厚岸町)で3年超の熟成期間を経たウイスキーの新製品を発売する。本場英国が認める3年超の熟成を経たウイスキーは同所で初めて。北海道で80年ぶりに開設された蒸留所の新たなブランド作りが本格化する。

「厚岸ウイスキー サロルンカムイ」は200ミリリットル入りで、希望小売価格は税別5千円。同社が16年11月…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]