アサヒビール、「贅沢搾り」1点集中の勝算は?

2020/2/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アサヒビールは2020年、蓋を開けてすぐ飲めるRTD(低アルコール飲料)カテゴリーで、独自価値を打ち出す1ブランドにマーケティング資源を集中投資する。複数ブランドに分散して市場平均を下回った19年の失敗を踏まえ、新戦略で挑む。

■伸び続けるRTD市場で平均下回る前年比

アサヒビールの19年のRTD売上高は6年連続で増収ながら、前年比は102%で市場平均の112%を下回る結果となった。RTD市場は低…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]