/

この記事は会員限定です

トキ鉄の鳥塚亮社長 観光列車で地方に活気取り戻す

[有料会員限定]

新潟県などが出資する第三セクター、えちごトキめき鉄道(トキ鉄、新潟県上越市)の社長に就任した鳥塚亮氏。前職のいすみ鉄道(千葉県大多喜町)社長時代にはアイデアマンぶりを発揮し、同社の知名度を飛躍的に向上させた。新たにかじ取りを引き受けることになったトキ鉄では、観光列車「雪月花」だけでなく、夜行列車や駅イベントなど、さまざまなアイデアで活気を呼び戻そうと知恵を絞る。トキ鉄に懸ける思いを聞いた。

――2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン