時給上昇でもパート賃金増えず、「年収の壁」影響か

2020/2/7 20:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パートタイム労働者の賃金が頭打ちになっている。厚生労働省が7日に発表した毎月勤労統計(速報)によると、パートタイムの2019年の現金給与総額(名目賃金)は月平均で9万9758円で前年比横ばいだった。時給は2.7%増の1167円と過去最高だったが、税金や社会保険料の負担を避けるために就労調整する人が依然として多かったとみられる。

19年のパートタイム比率は0.65ポイント増の31.53%。毎勤統計…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]