入試改革頓挫の経緯検証始まる、文科省の検討会議

2020/2/7 18:52
保存
共有
印刷
その他

2020年度開始の大学入学共通テストを巡り、文部科学省の大学入試のあり方に関する検討会議は7日、2回目の会合を開き、英語民間試験の活用と記述式問題導入という入試改革の2本柱が頓挫した経緯の検証を始めた。同省は課題を解決しないまま実施に進んだ経緯を整理して提示し、委員からは「目標に縛られすぎたのでは」などと批判が相次いだ。

文科省は改革方針や実施方法を決めた有識者会議などで、どのような議論がされた…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]