/

この記事は会員限定です

船上で磨いた度胸と会話力 フィリピンで語学スクール

アジアで働く(3)

(更新) [有料会員限定]

東南アジア3カ国8拠点で日本人向け語学スクール「ブリリアントグループ」を展開する高橋吉昭の原点にあるのは、高校生の時に初めて行った海外旅行だった。

世界中の人が行き交うシンガポール。随一の繁華街オーチャード通りですれ違う顔の色に目を奪われる。みんな英語で話していた。「ああ、世界はそういうことになっているのか」。高橋は思わずつぶやいたことを今も覚えている。

豪華客船で高給取りに

宿泊したホテルでは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アジアで働く

若者の海外離れが進んでいるというが、本当なのだろうか。大企業を飛び出した起業家、現地を駆け回る営業マン、星付きレストランのパティシエまで。アジアを見渡すと、実は多彩な分野で活躍する日本人がいる。新型肺炎問題をはじめ、不安の種がないわけではないが、まだまだ伸び盛りのアジアにチャンスが広がっているのは間違いない。挑戦する日本人の姿を通じ、今どきの海外での働き方を探る。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン