北日本紡績、業績下方修正 20年3月期 最終赤字拡大

2020/2/7 19:45
保存
共有
印刷
その他

北日本紡績は7日、2020年3月期の単独最終損益が5000万円の赤字になりそうだと発表した。従来予想は4000万円の赤字で、下方修正した。業績悪化により固定資産の減損が発生したほか、主力の紡績事業で受注が落ち込んだ。

売上高は前期比28%増の5億8000万円、営業損益は7500万円の赤字(前期は900万円の赤字)となる見通し。自動車部品向けのアラミド繊維は自動車業界の減速で振るわず、冬物衣料向け繊維は暖冬の影響で受注が減った。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]