無名の市長と「左のトランプ」 混戦、米民主の葛藤
本社コメンテーター 菅野幹雄

トランプ政権
米大統領選
菅野 幹雄
北米
Deep Insight
本社コメンテーター
2020/2/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

38歳と78歳。約2倍の年齢差がある2人が11月のトランプ米大統領への挑戦に向けて先行した。2月3日の民主党アイオワ州党員集会は結果集計で混乱がなお続くが、最若手のピート・ブティジェッジ氏と最高齢のバーニー・サンダース氏が僅差で1、2位を分け合ったのは間違いない。

分断と怒りをあおるトランプ政権にどう対抗するのか。全米で最初の審判を下した中西部アイオワ州の有権者が求めたのは、安定や実績よりも「新…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

菅野 幹雄

本社コメンテーター

世界経済・米欧政治

東京、ベルリン、ロンドンで経済・政治を取材。脱デフレの財政・金融政策、ユーロ危機やEU動乱を報じた。18年春からはワシントンで「トランプの米国」が揺さぶる世界秩序の変貌を追う。著書に「英EU離脱の衝撃」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]