/

オンワード、希望退職に413人応募 予定を2割上回る

予定数を上回る希望退職の応募があった(東京都中央区のオンワードHD本社)

アパレル大手のオンワードホールディングス(HD)は7日、1月に実施した希望退職の募集について、413人が応募したと発表した。同社の予定数(約350人)を約2割上回った。特別退職金などの費用として、2020年2月期に約39億円の特別損失を計上する見込み。

希望退職者はHD全体の約8%に当たる。同社は1月7日~30日に、40歳以上で勤続3年以上の社員(販売職を除く)を対象に希望退職を募った。退職日は2月末で、退職者には退職金を加算するほか、希望があれば再就職支援も行う。

オンワードは売上高の約6割を百貨店での販売で占める。ただ百貨店の客離れやアパレル不振が続くなか、業績低迷に陥った。19年10月には百貨店内の店舗を中心に、国内外の店舗の約2割となる600店を閉鎖すると明らかにするなど、経営立て直しを急いでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン