/

この記事は会員限定です

社債にも親子上場リスク ソフトバンク起債迫り焦点

再編で信用力低下も

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)の通信子会社ソフトバンクの社債市場デビューが近づくなか、債券市場で上場子会社が発行する社債のリスク評価への関心が高まっている。親会社の経営戦略や企業統治のあり方によっては子会社の信用力が急変するリスクをはらむためだ。株式市場とは別の視点から親子上場の是非が改めて問われている。

ソフトバンクは1月、最大1兆円の社債発行枠を確保した。早ければ年度内にも第1弾を機関投資家向けに起債するとみられている。

親会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1323文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン