自公幹事長が駐日中国大使を激励 肺炎問題で

2020/2/7 17:50
保存
共有
印刷
その他

自民党の二階俊博、公明党の斉藤鉄夫両幹事長は7日、都内の中国大使館で孔鉉佑駐日大使と会談した。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大防止に向けて日中の協力を深めていくと確認した。二階氏は「この戦いで両国が勝利を得るために全力を尽くしたい」と激励した。

会談後、記者団から4月に予定する習近平(シー・ジンピン)国家主席の国賓来日の延期が話題に上ったかを問われると「そんな話はしていない。来日までに収束すると我々は確信している」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]