船旅ならではの環境が要因か クルーズ船集団感染

新型肺炎
2020/2/7 17:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

横浜港で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、乗客ら61人の新型コロナウイルスへの集団感染が明らかになった。食事やイベント、寄港地でのツアーなど集団行動の多さ、共用設備を日常的に使う船旅ならではの環境が感染を広げた可能性がある。専門家からは「感染の規模から考えて、複数人の感染源から広がった恐れがある」との声も上がる。

同船ではまず、1月25日に香港で下船した男性の感染が確認された。厚…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]