2/20 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: マネー、安全資産ドルに集中 肺炎で2年9カ月ぶり高値
  2. 2位: 「超弱気派」が買う日本株 バフェット指標で警戒[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ反発、上げ幅一時100ドル高 中国関連株に買い
  4. 4位: 楽天、「送料込み」に見えた強気と妥協[有料会員限定]
  5. 5位: 小僧寿しの債務超過が解消、19年12月末 資本増強策で

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,400.70 +206.90
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,370 +170

[PR]

記者の目

フォローする

「感染症の塩野義」 抗インフル薬のゾフルーザで誤算
大阪経済部 宮住達朗

関西
大阪
2020/2/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

塩野義製薬が抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」で苦戦している。投与した患者の体内で、薬が効きにくくなる耐性ウイルスが子供を中心に発生する問題が広く報じられたためだ。売り上げが急減し、2020年3月期の業績予想を引き下げる要因になった。塩野義は抗エイズウイルス(HIV)薬などの感染症分野に経営資源を集中し、画期的な新薬を開発してきた。今後の主力薬のひとつとして期待をかけるゾフルーザのつまずきは、今期…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

記者の目 一覧

フォローする

読まれたコラム