/

この記事は会員限定です

「お荷物施設」埼玉県越生町が再生モデル(点照)

[有料会員限定]

「指定管理が行き詰まり、施設を買い取ってくれる企業もない。町としてはお手あげで、考えると眠れない日もあった」。埼玉県越生町の新井雄啓町長はこう振り返る。新井町長が悩んでいたのは、町が1995年に建設した温浴施設中心のレジャー施設「ゆうパークおごせ」(現オーパークおごせ)だ。

林間の約5万m2の敷地に温浴施設やキャンプ場、バーベキュー場などがあり、町が約30億円かけて整備した。第三セクターが運営し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り776文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン