新潟県産スギ材、五輪選手村に提供

2020/2/7 16:43
保存
共有
印刷
その他

新潟県は東京五輪・パラリンピックの選手村施設の建設に向けて県産のスギ材を49立方メートルを提供した。十日町市や上越市など7市町村からスギ材を集めた。東京都中央区に整備する「選手村ビレッジプラザ」に使う予定で、県産材のPRなどにつなげる。

木材には各市町村の名前を印字し、ビレッジプラザ内の雑貨店やカフェなどでそのまま使う。大会終了後は各産地に返却し、五輪開催を記念したモニュメントの制作などに活用してもらう。

スギ材を提供した関川村農林課の担当者は「PRはもちろん、村としてオリパラの成功にも役立ちたい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]