富士通、デジタル事業を分離 本社のしがらみ断つ

2020/2/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

IT(情報技術)企業からDX(デジタルトランスフォーメーション)企業へ――。富士通が大きく経営方針のかじを切り始めた。1月30日、2019年4~12月期決算発表の場で磯部武司最高財務責任者(CFO)は、デジタル技術で事業を変革するDX企業への転身を図る施策を相次いで発表した。

具体的には大きく3つある。「DX子会社の設立」「営業体制の刷新」「外部人材の幹部登用」だ。

■元・新卒社員が新会社社長

1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]