日立、ベトナム金融機関とAIで新サービス

2020/2/10 11:00
保存
共有
印刷
その他

日立製作所は10日、ベトナムの金融機関ベトクレジット・ファイナンス・カンパニーと人工知能(AI)を使った新たな金融サービスの提供に向けた実証実験を始めた。ベトクレジットの一部店舗でタブレット端末による自動契約システムを導入。個人ローンの申し込み受付や契約サービスに加え、独自AIによるローン審査などへの活用を実証する。

日立製作所など3社による相互協力合意でセレモニーを開いた

実証を通じ、ローンの申し込み受付から契約締結までの時間短縮など、顧客の利便性を高める金融サービスの実現に向け、課題抽出や効果検証をする。将来は自動契約サービスとAIによるローン審査サービスを組み合わせ、申し込み受付から本人確認や審査、契約までの事務を電子化するサービスの実現を目指す。

タブレット端末から自動でローン契約を完結できるサービスの導入は、ベトナムでは初の試みという。ベトナムでは近年、急速な経済発展や中間所得層の増加にともない、消費者金融市場も拡大している。

一方、金融機関の多くが事務作業を紙で運用しており業務効率化が課題だった。個人ローンの取引量の増加に対し、消費者保護の観点から無理な貸し出しを未然に防ぐため、正確な与信審査へのニーズも高まっていた。このため日立はベトクレジットと現地法人の日立アジアの3社で、AIを使った自動契約サービスなどの実現に向けて協力することに合意した。

与信審査には日立が開発したまれにしか起きない事象の発生確率を予測するAIを使う。日立は2019年5月に、住信SBIネット銀行と共同で同様のAIを活用した住宅やカードのローン審査サービスの提供会社「デイタ・コンサルティング」(東京・港)を設立済み。19年10月に住宅ローン向けのサービスを開始している。

(井原敏宏)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]