辞めた外交官、韓国で夢に挑戦「後悔はない」
アジアで働く(4)

アジアで働く
朝鮮半島
2020/2/9 2:03 (2020/2/14 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2017年末、外務省の「チャイナスクール」組として上海で研修中だった西山洸(29)は自問自答を繰り返していた。

「このまま霞が関に戻るべきだろうか」

学生時代から夢見た外務省の門をくぐったのは14年。アジア大洋州局で過ごした駆け出し外交官の2年間は不完全燃焼だった。中国との関係悪化は長引き、韓国とは終わりなき歴史問題で疲労感が積み重なっていた。「外交に携わっている実感がない」。将来の展望を描けな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]