時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,426,333億円
  • 東証2部 74,774億円
  • ジャスダック 96,784億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.21倍 --
株価収益率15.27倍15.99倍
株式益回り6.54%6.25%
配当利回り1.96% 1.96%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,523.24 -164.35
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,540 -90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

トヨタ 中国の一部工場で生産再開[映像あり]

ICT機器のレカム 新型肺炎で中国での営業活動停止

2月17日(月)13:00

トップに聞く[映像あり]

IBJ 石坂 茂社長

2月17日(月)09:50

[PR]

スクランブル

フォローする

復活する「目利き」運用 対話で銘柄発掘、機械しのぐ
証券部 松本裕子

2020/2/7 15:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場で人間の「目利き」で投資先を選ぶ伝統的なアクティブ運用に復活の兆しが出ている。ESG(環境・社会・企業統治)重視の流れもあり、経営者との対話などで企業の変化を察知することが運用成績に直結しやすくなっている。一方、新型肺炎など特殊なイベントが相次ぎ、過去のデータが頼りの機械的運用は苦戦気味。逆風続きだったアクティブ運用の復調はマネーの流れを変える可能性もある。

「慌てて動く必要はない」。三…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム