/

この記事は会員限定です

低温保管など需要に対応、門司港運・野畑社長

戦略トップに聞く

[有料会員限定]

米中貿易摩擦や新型肺炎など国際貿易を取り巻く環境が揺れている。交易拠点として歴史のある門司港を中心に港湾荷役を担う門司港運(北九州市)は近年、倉庫増設や取り扱い貨物の拡大で業績を伸ばしてきた。業況や事業展開について、野畑昭彦社長に聞いた。

――新型肺炎や米中問題の影響は。

「門司港は中国との取引が多い。上海や香港といった主要港と結ぶ船便は運航されているが、新型肺炎で荷主が貨物の船積みや受け取りを見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り874文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン