/

この記事は会員限定です

中国、新型肺炎で批判高まる野生動物食

広州支局 比奈田悠佑

[有料会員限定]

中国で新型コロナウイルスによる肺炎の猛威が止まらないなか、野生動物を食べる習慣「野味」への批判が高まっている。11日時点で1100人以上を死に追いやった新型ウイルスの由来がコウモリだと指摘されており、人が感染した背景にはコウモリなどを食べる野味があると疑われているためだ。野生動物食の風習の裏には、珍味への欲求に加え、数百年にわたる民間療法への信仰が複雑に絡み合っている。

「ネズミやコウモリを食べる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1994文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン