/

この記事は会員限定です

ユニクロ・無印良品、中国での休業店舗半数に 新型肺炎で

[有料会員限定]

中国に進出した日本の小売企業で、新型コロナウイルスによる肺炎の影響が拡大している。ファーストリテイリングが展開する「ユニクロ」と良品計画の「無印良品」の休業店舗数はいずれもこの1週間で倍増し、中国全体の半分に達した。両社は生産面でも中国依存度が高く、業績への懸念も強まっている。

ユニクロの休業店舗数は7日までに約370店となり、1月31日時点の約160店から2倍以上に増えた。中国にある全店舗75...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り811文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン