/

森元首相、安倍総裁4選を支持 岸田氏にも期待

森喜朗元首相は7日発売の月刊誌「文芸春秋」のインタビューで、安倍晋三首相の自民党総裁4選を支持する考えを示した。米ロ首脳らとの良好な関係を理由に「続けてもらうことが最も国益にかなう」と語った。東京五輪直後に衆院解散・総選挙をすべきだとも提案し「五輪を花道になんてあり得ない」と今秋の退陣を否定した。

「ポスト安倍」は条件として各派閥との協力関係を挙げ、岸田文雄政調会長に期待を示した。菅義偉官房長官に関しては党幹事長への起用を訴えた。河野太郎防衛相と小泉進次郎環境相には「もっと厳しく勉強しないといけない」と述べ、石破茂元幹事長については森氏が幹事長だった時に離党したことを指摘した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン