仮想通貨の無断「採掘」に逆転有罪 東京高裁

仮想通貨
2020/2/7 11:16 (2020/2/7 15:48更新)
保存
共有
印刷
その他

閲覧した人のパソコン(PC)端末の処理能力を無断で使って暗号資産(仮想通貨)を採掘(マイニング)するプログラムをウェブサイトに設置したとして、ウェブデザイナーの諸井聖也被告(32)が不正指令電磁的記録保管罪に問われた事件の控訴審判決が7日、東京高裁であった。栃木力裁判長は被告を無罪とした一審・横浜地裁判決を破棄し、罰金10万円の有罪とした。

諸井被告は「とても残念です」と話し、弁護人は上告する方…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]