関西発「スポーツCAFE」

フォローする

充実の不惑 阪神・藤川、クローザーに返り咲き

2020/2/9 3:00
保存
共有
印刷
その他

藤川は昨夏以降、セーブがつく場面で結果を残し続け、再びクローザーの座を固めた

藤川は昨夏以降、セーブがつく場面で結果を残し続け、再びクローザーの座を固めた

投手の分業制が確立したプロ野球では、救援投手が勝負のカギを握るケースが多い。なかでも試合を締めくくるクローザーの責任は重い。阪神ではその役を経験豊かな藤川球児(39)が担う。優勝争いに好クローザーあり、を見せてくれるか。

昨季までクローザーだったドリスが、大リーグへ復帰した。4年で96セーブを挙げた剛腕の退団は痛いが、藤川で穴埋めできると実証済みだ。昨年7月下旬、不調のドリスが2軍落ちしたときに代役で成果を挙げた。8月にドリスが戦列復帰しても、その座を譲らなかった。

このあと閉幕までのほぼ2カ月間、しっかりと役目を果たした。セーブがつく接戦で失敗なしの16セーブ。阪神は閉幕直前に6連勝し、3位でクライマックスシリーズ(CS)へ滑り込んだ。この6戦中、5登板して3セーブをマークした。

さらに、CS第1ステージのDeNA戦で2セーブ。巨人に敗れたファイナルステージでも唯一勝った第3戦で救援勝利を挙げ、クローザーの座を固めた。

ここに至るまでの道は険しかった。阪神が最後に優勝した2005年にはジェフ・ウィリアムス、藤川、久保田智之で強力救援トリオ「JFK」を形成。07年からメインのクローザーに昇格し、最多セーブのタイトルを2度獲得した。

このころの球威は抜群。「分かっていても打てないストレート」と評判になった。たまにフォークボールをまじえるだけ。速球で押しまくり、面白いように三振の山を築いた。

13年に念願の大リーグ入りをしたが肌が合わず、3年投げただけで1勝1敗2セーブ。15年途中に日本球界に復帰後も引く手あまたとはならず、独立リーグの高知球団入りして待機した。

16年に阪神へ復帰したが、クローザーはマテオ。中継ぎで耐えながら機をうかがった。18年暮れに矢野燿大監督が就任した。かつてバッテリーを組んだ間柄だが、監督としての目は厳しかった。

そして、やっと巡ってきた昨夏のチャンス。「クローザーに復帰させてもらったのではない。自分が成長したと思っている」。18年オフの契約更改ではまずまずの成績ながら減俸を申し入れたが、昨季の活躍で推定年俸は2億円になった。

五輪開催のため今季は開幕が早く、夏場に休止期間がある変則日程。それに対応する準備に怠りはない。7月に40歳になるが、体力、技術は充実している。その名も球児。高知商のエースだった甲子園球児時代の気力も衰えていない。

(スポーツライター 浜田 昭八)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
福留は7月16日のヤクルト戦で決勝2ラン。勝負強さは健在だ=共同共同


 プロ野球の現役最年長選手、阪神・福留孝介(43)が頑張っている。競争の激しい外野のポジション争いに食い込み、後へ引かない。チーム若返りとの兼ね合いがあるが、勝負強いこのベテランは阪神に欠かせない。
  …続き (8/1)

ジョーンズは大リーグでオリオールズなど3球団で14年間プレー、外野手でゴールドグラブ賞を4度受賞。実績は申し分ない=共同共同

 プロ野球のセ・パ12球団へ、今年もどっと外国人選手が入団した。元大リーガーからテスト生まで多彩な顔触れだが、一番の大物は、オリックス入りしたアダム・ジョーンズだろう。だが、行動にナゾも多い。
 「球団 …続き (6/28)

阪神は開幕から長期の遠征を強いられる(甲子園球場)共同

 プロ野球が当初の予定から約3カ月遅れの19日に開幕した。今季は新型コロナウイルスの感染防止へ長距離移動の回数を少なくしようと、1回の遠征時の試合数を多くする日程が組まれた。阪神は開幕から5カード連続 …続き (6/20)

ハイライト・スポーツ

[PR]