/

この記事は会員限定です

高校生の就活「1人1社制」見直し 大阪府が検討

[有料会員限定]

大阪府は高校生の就職活動のあり方を見直す。現在はほとんどの都道府県が秋の選考解禁時に応募先を1社に限定しているが、府は複数社への応募を可能にする方向で検討している。国も規制改革推進会議で「1人1社制が高卒生と企業のミスマッチの一因となっている可能性がある」との指摘を受け議論しており、大阪の動きは全国に広がる可能性がある。(丸山景子)

高校生の就活には、企業が特定の高校に求人を出す「指定校求人」、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン