米物言う株主エリオット、ソフトバンクG株3%取得

2020/2/7 5:19 (2020/2/7 6:27更新)
保存
共有
印刷
その他

エリオット創業者で著名アクティビストのポール・シンガー氏=ロイター

エリオット創業者で著名アクティビストのポール・シンガー氏=ロイター

【ニューヨーク=宮本岳則】米有力アクティビスト(物言う株主)のエリオット・マネジメントがソフトバンクグループ(SBG)株を取得したことが6日、明らかになった。投資額は25億ドル(2725億円)以上で、保有比率は発行済み株式数の約3%に達しているとみられる。ハイテク企業への投資判断について懸念を示し、企業統治の改善を求めているもようだ。

関係者によると、エリオット幹部は1月下旬、SBGの孫正義会長兼社長や後藤芳光・最高財務責任者(CFO)、ハイテク投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を統括するラジーブ・ミスラ副社長と面談し、直接懸念を伝えたようだ。エリオット広報担当者は「株式市場が(SBGの)保有資産ポートフォリオの価値を過小評価している」と指摘した上で、「経営陣と協調して非公開に対話を重ねている」と述べた。

エリオットが問題視しているのは、SBGの投資先決定プロセスだ。シェアオフィス「ウィーワーク」運営の米ウィーカンパニーへの出資では、事業実態とは大きくかけ離れた割高な価格で同社株を取得し、巨額損失の計上を迫られた。ウーバーテクノロジーズなど上場を果たした出資先も株価低迷が続く。SBGの広報担当者は「あらゆる株主からのフィードバックを歓迎する」とコメントした。

エリオットの取得が伝わった7日の東京株式市場では企業統治などが強化されるとの思惑からSBG株に買いが集まった。一時前日比8%高の5116円まで上昇し、およそ6カ月ぶりの高値を付けた。東証1部の売買代金ランキングで首位となっている。

もっとも、高値を付けた後は上げ幅を縮めた。市場では「保有比率が3%程度と低く、企業が変化できるほど影響を与えるのは難しいだろう」(GCIアセット・マネジメントの池田隆政氏)との見方があった。

エリオットは世界で最も活動的なアクティビストの一つだ。運用総額は380億ドル超。米投資銀行ラザードの調査によると、2019年は欧米・アジアの14の投資対象に対して経営戦略の見直しなどを迫った。1年間の提案活動数はアクティビストの中で世界最大だ。かつてアルゼンチンや韓国といった国家を相手に訴訟を起こしたこともあり、動向が常に注目されている。

 エリオットは資金力を生かし、世界の大型株を標的にし始めている。現在の投資先で最大とみられているのが米通信大手AT&Tだ。19年9月の声明では30億ドルを投じていると明かしていた。SBGへの投資はAT&Tなどに次ぐ大型案件とみられる。AT&Tは19年10月、エリオットの要求を一部受け入れ、株主還元の充実や資産売却を柱とした3カ年計画を公表した。
国内外の編集者が執筆するニューズレターを平日毎日配信しています。「世界のいま」がつかめ、ビジネスや就活に役立ちます。登録はこちら(電子版有料会員限定)。https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?me=S001&n_cid=BREFT038
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]