1月の米人員削減計画、IT分野で急増

2020/2/7 4:25
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米民間雇用調査会社のチャレンジャー・グレイ・アンド・クリスマスが6日まとめた米企業・政府機関による1月の人員削減計画は6万7735件で、前月の2倍に増えた。2019年2月以来11カ月ぶりの多さで、前年同月比でも28%増加した。

米人員削減計画は1月、情報技術分野で急増した(米カリフォルニア州の就職イベント)=ロイター

情報技術(IT)分野の削減計画が1万3869件と前月の19倍に増え全体を押し上げた。チャレンジャー社は「企業は管理層を取り除き機動性を高めるなど組織のリストラを進めている」と指摘した。このほかの分野では、工業製品や医療ケア・製品の削減増も目立った。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]