高校野球・愛知の私学4強 少年球児の裾野が生み出す
ナゴヤのトリセツ

2020/3/1 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年3月に現役を引退したイチローさんをはじめ、愛知県の高校野球は数多くのスター選手を生んだ。甲子園での優勝回数は大阪府に次ぐ全国2位。とりわけ伝統校の中京大中京、東邦、愛工大名電、享栄は輝かしい戦績から「私学4強」として別格扱いされている。強さの理由を探ると、少年野球の裾野の広さや関東・関西への激しい対抗心が見えてきた。

「中京と名電の対決。屈指の好カードだ」。19年9月末、秋季愛知県大会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]