/

メディシス経常益20%増、医薬品仕入れ支援事業好調

メディカルシステムネットワークが6日発表した2019年4~12月期の連結決算は、経常利益が前年同期比20%増の12億円だった。医薬品仕入れの効率化を支援するサービスの加盟店が順調に増加した。

売上高は9%増の789億円だった。調剤薬局部門でM&A(合併・買収)を進めたことが奏功した。純利益は12%減の3億2600万円だった。前年同期に計上した繰り延べ税金資産がなくなり税金費用が増えたため。2020年3月期通期の業績予想は据え置いた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン