パラリンピック進化形

フォローする

パラリンピック聖火フェス、神奈川の全市町村で採火

2020/2/6 18:50
保存
共有
印刷
その他

神奈川県は6日、東京パラリンピックの「聖火フェスティバル」について、県内で実施する採火式などの概要を発表した。県内全市町村で採火式を実施し、横浜市に集めてひとつの火にする。火は最終的に東京に送り、各都道府県やパラリンピック発祥地の英ストーク・マンデビルから集めた火とあわさって聖火となり、パラリンピック聖火リレーに使われる。

8月14~16日に県内全市町村で採火式を実施する。採火方法は各市町村で異なり、伝統祭りのイベントのなかで採取した種火を使ったり、太陽光や火打ち石などを使用したりする。火を集めて東京に送り出す「集火・出立式」は横浜赤レンガ倉庫(横浜市)で同16日に実施し、会場内でパラリンピック競技体験などのイベントも催す。

県内でパラ競技の開催はないが「(障害者への差別や偏見をなくすため県が掲げる)『ともに生きる社会かながわ』の実現に向けた県民総ぐるみの思いをパラリンピック聖火に込める」(県オリンピック・パラリンピック課)という。

パラリンピック進化形をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

パラリンピック進化形 一覧

フォローする


 日本生命保険は、車いすバスケットボールを中心としたパラスポーツの観戦会を定期的に開催している。5年間で延べ約2万人の職員が参加。2017年4月には日本車いすバスケットボール連盟の公式パートナーとなり …続き (8/25)

=共同共同

 延期された東京パラリンピックの開幕まで1年となった24日、陸上と競泳の両国内競技団体で、本年度はスポンサー企業からの協賛金収入がともに約1300万円の大幅減となることが関係者への取材で分かった。金メ …続き (8/25)

丸井グループがつくった専用ピッチで練習する日本代表の選手たち(7月、東京都小平市)=日本ブラインドサッカー協会提供日本ブラインドサッカー協会提供


 流浪の民が、ようやくついのすみかを手に入れた。ブラインド(5人制)サッカーの専用ピッチが6月、東京都小平市に完成した。各地の施設を転々としながら合宿をしてきた日本代表にとっては、初の専用練習場。提供 …続き (8/24)

ハイライト・スポーツ

[PR]