最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 19,353.24 +403.06
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
18,920 -230

[PR]

業績ニュース

三菱ケミHDの20年3月期 純利益52%に下振れ 需要低迷で

企業決算
2020/2/6 20:30
保存
共有
印刷
その他

三菱ケミカルホールディングスは6日、2020年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比52%減の810億円になる見通しだと発表した。23%減としていた従来計画を500億円下回る。中国を中心とする景気減速で、幅広い産業で使われるアクリル樹脂原料などの需要が低迷。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けた工場休業も響く。下方修正は19年11月に続き今期2回目となる。

「需要の落ち込みが想定以上に厳しい」。同日の記者会見で伊達英文最高財務責任者は石油化学製品を取り巻く市場環境を説明。売上高にあたる売上収益は5%減の3兆6300億円と、従来計画を1350億円下回る。

減損処理など一時的な損益を除いた本業のもうけを示す「コア営業利益」は33%減の2100億円と、従来計画を400億円下回る。基礎原料のほか、付加価値の高い自動車向けや半導体向けなども含め全体的に需要が鈍っている。

新型肺炎に伴う生産活動への直接的な影響として、30億円分のコア営業利益の押し下げ要因をひとまず織り込んだ。春節(旧正月)期間は中国工場の操業を例年止めているが、今年は新型肺炎拡大で休業が長引いている影響を考慮した。

世界シェアトップを誇るアクリル樹脂原料「MMA」は価格が下落基調だ。19年10~12月のアジアでの平均価格は1トンあたり1536ドルと、19年7~9月に比べて5%ほど安い。生産トラブルもあり、同原料関連のコア営業利益を150億円下方修正した。一部で需要下げ止まりの兆しもあるが依然不透明だ。

炭素事業も振るわない。国内の鉄鋼生産が低調で、コークスの輸出価格が下落している。電炉で使われる黒鉛電極の原料「ニードルコークス」も顧客の減産に直面する。

医薬品向けカプセルを手掛ける事業ののれんで、約170億円の減損を計上し、減益幅が大きくなる。

同日発表した19年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比54%減の762億円、売上収益は5%減の2兆7307億円だった。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム