津市の過失2割 「業者が全額肩代わり」認めない判決

コラム(テクノロジー)
2020/2/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

工事現場で作業員が負傷した労災事故を巡って施工者と発注者の過失割合が問われた訴訟で、津地裁は施工者の勢和建設(津市)が8割、発注者の津市が2割とする判決を出した。作業員への賠償を全額、勢和建設に負担させた市の対応は行き過ぎだとして、差額の2348万円を支払うよう市に命じた。

【関連記事】業者が賠償「肩代わり」を 津市の要求は許されるのか

工事の労災事故は施工者が全ての責任を負うものとの考えが根強い建…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]