「筋トレ兼ね遠回り」で労災は 自転車通勤の落とし穴

社会・くらし
2020/2/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

広がる自転車通勤。災害時の足の確保や健康づくりなど目的は様々だが、あまり考えられていないのが、事故時の補償問題だ。走行ルートによっては、労働者災害補償保険(労災保険)が適用されないなど、意外な落とし穴がある。

■通勤災害、「晴れの日だけ自転車」でも対象

「60代の妻が自転車で帰宅途中に車と接触した。むち打ち症で1カ月以上会社を休んでいるのだが……」

2019年10月、東京都社会保険労務士会の城東統…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]