長崎・一○香本家の「一口香」 隠れた名物、中は空洞
輝け地産品

2020/2/8 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長崎土産といえばカステラが思い浮かぶが、長崎県外ではあまり知られていない個性的で存在感を放つ伝統菓子がある。「一見するとまんじゅうだが、中は空洞」という「一口香」(いっこっこう)だ。長崎では元祖とされる「えのき屋」をルーツとする茂木一○香本家(もぎいちまるこうほんけ、長崎市)は、代表的な店の一つとされる。

「あんを入れすぎると破裂する原因になるんです」。榎倫子専務はこう話しながら、慣れた手つきで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]