連載小説 赤神諒「太陽の門」2月21日スタート

赤神諒「太陽の門」
2020/2/14 5:30
保存
共有
印刷
その他

2月21日から新しい連載小説「太陽の門」(赤神諒作、安藤巨樹挿絵)を掲載します。

赤神氏は1972年京都市生まれ。2017年に九州・豊後の戦国大名のお家騒動を描いた「義と愛と」(単行本化に際し「大友二階崩れ」に改題)で第9回日経小説大賞を受賞しデビュー。その後も戦国大名や武将が主人公の歴史小説を発表している新進気鋭の作家です。

「太陽の門」の主人公は、スペイン内戦で一般市民側に加わり軍部に抵抗し…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]