もう1つの「Oneみずほ」阻んだ壁
本社コメンテーター 上杉素直

金融コンフィデンシャル
上杉 素直
本社コメンテーター
2020/2/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

みずほは1年前にリース再編に一歩踏み出したが・・・

みずほは1年前にリース再編に一歩踏み出したが・・・

おとそ気分が抜けきらない1月10日、東京・大手町のみずほフィナンシャルグループ(FG)本社に坂井辰史社長、藤原弘治みずほ銀行頭取の両トップを訪ねる人物がいた。みずほの系列リース最大手、東京センチュリーの浅田俊一社長だ。「NTTと提携を交わし、出資を受け入れる」。浅田氏がほのめかした決断は、東京センチュリーに連結グループ入りを求めてきたみずほの意向と真っ向から反する内容だった。

東京センチュリーは6日、NTTと筆頭株主の伊藤忠商事を対象とする第三者割当増資を2月下旬に実施すると発表した。NTT(10%)と伊藤忠(25%)を合わせた東京センチュリーへの出資比率は35%になり、みずほ銀行(約3.8%)と日本土地建物などの親密先を合わせた約30%を上回ることになる。浅田氏が今回、自らの出身母体であるみずほから名実ともに距離を置こうとした背景には何があったのか。

東京センチュリーの浅田俊一社長は積極路線で収益力を高めた

東京センチュリーの浅田俊一社長は積極路線で収益力を高めた

ちょうど1年前。みずほは懸案だったリース事業でようやく一歩を踏み出した。2019年2月にまとめたのは、丸紅と組んで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

上杉 素直

本社コメンテーター

金融・経済政策

金融ビジネスや金融政策、税制・財政をはじめとする経済政策、社会保障の現場を取材してきた。2010年からのロンドン駐在では欧州債務危機に揺れる政治や行政、人々の暮らしをのぞいた。編集委員を経て18年から現職。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]