/

この記事は会員限定です

やさいバスが運ぶ地元野菜 地産地消に新発想

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

おいしい野菜を作る生産者がいて、それを新鮮なうちに使ってみたいシェフがいる。需要と供給はともにあるのに、せっかくの野菜がシェフに届かない。なぜ?

生産者とシェフの間に立ちはだかるのは、高すぎる物流費だ。その壁を崩そうと挑む企業がある。静岡県牧之原市にあるベンチャー、やさいバスだ。

やさいバスの本社へ取材に出かけた。作業室で待っていると、外側からだれかがシャッターを「トン、トン」とたたく音がした。生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン