オリパラ考

フォローする

JOCの社会貢献、具体策見えず
編集委員 北川和徳

2020/2/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長が3日、JOCが果たす3つの役割などを発表した。その内容は「アスリートの育成・支援」「五輪精神の普及・推進」「国際総合競技大会の派遣・招致、国際化の推進」。失礼ながら、いまさら記者会見してそれを言うのかと、がっかりしてしまった。

金メダル30個という目標ばかりが話題になり、選手強化以外のJOCの役割をアピールする狙いがあったのだろうが、実現に向けた戦…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
J1鹿島はOBによるリモートトークショーをライブ配信、サポーターから募金を受け付けた。

 サッカーJ1の鹿島が先日、実験的なイベントを開催した。過去の名勝負をNHKのBS1などで放送したのに合わせて小笠原満男氏らチームOBがリモートでトークショーを開催。それをオンライン上でライブ配信して …続き (5/27)

IOCのバッハ会長(右)は、健康増進で協力する覚書をWHOのテドロス事務局長と交わした


 国際オリンピック委員会(IOC)は14日の理事会で、1年延期となった東京五輪で新たに最大8億ドル(約860億円)の資金拠出をする計画を決めた。このうち大会運営費には6億5000万ドル(約700億円) …続き (5/20)


 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、史上初めて延期されることが決まった東京五輪・パラリンピック。感染拡大が終息して2021年夏に大会が無事に開催できるかどうかは楽観できないが、いずれにして …続き (5/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]