日本型MaaSの未来(6) カネとヒト 課題解決の工夫
専修大学教授 中村吉明

やさしい経済学
2020/2/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

次に郊外型MaaSの例を見ます。アイシン精機とスギ薬局は2018年7月から、愛知県豊明市で乗り合い送迎サービス「チョイソコ」の実証実験を行っています。対象は会員登録した高齢者です。120余りの停留所での乗り降り希望を集約し、不定時・不定ルートで運行します。

19年3月から有償化され、1回の運賃は200円の定額制ですが、こうしたサービスは運賃収入だけでは赤字となる場合が多く、民間事業者主体のものは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]