/

泉佐野市、ふるさと納税訴訟で上告 高裁判決に不服

総務省がふるさと納税制度から大阪府泉佐野市を除外した決定の是非が争われた訴訟で、決定の取り消しを求めた同市は6日、請求を棄却した大阪高裁判決を不服として最高裁へ上告した。

ふるさと納税を巡っては昨年6月に返礼品の法的な規制ができた。同市はそれ以前の返礼品実績を根拠にした除外は違法と主張したが、1月30日の高裁判決は「泉佐野市の返礼品は突出して極端。寄付という法的枠組みの範囲内に是正すべきだった」などとして同市の主張を退けていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン