111年ぶり更新? 九州「初雪のない冬」に広がる悲鳴

2020/2/6 16:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

記録的な暖冬の影響で、九州各地の観測地点で「初雪」が観測されない状況が続いている。気象庁によると、九州北部(山口県を含む)では統計を取り始めて以降、初雪を観測しなかった年はなく、福岡では7日、最も遅い観測日(1909年2月6日)の記録を更新する見通しだ。111年ぶりの異常事態に、雪や氷を売りにする観光地などから悲鳴が上がっている。

初雪は各地の気象台が設置されている場所で、職員が雪を目視で確認し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]