「シャインバブル」農家潤す 信州ブドウがリンゴ抜く

2020/2/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

果物王国長野県の「顔」が変わろうとしている。農林水産省がまとめた2018年の県内農産物産出額でブドウがリンゴを抜き、コメに次ぐ2位となった。ブドウは足元で2桁増を続け、5年前には2倍以上の開きがあったリンゴとの差は一気に縮まった。「シャインバブル」ともささやかれる高級品種の人気が、ブドウの生産構造を変質させている。

18年のブドウの産出額は前年比39%増の287億円で、リンゴの286億円を上回っ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]