/

この記事は会員限定です

新潟のタカヨシ、紙袋から企業PRまで 客の求めに呼応

老舗の研究

[有料会員限定]

今年、創業100年を迎えた印刷・販促企画のタカヨシ(新潟市)。紙袋の製造に始まり製本、紙箱製造、商業印刷、デザイン、企業のプロモーションなど次々に事業の幅を広げてきた。そのバックボーンとなっているのが「売りたいものをつくるのでなく、顧客が求めているものをつくる」という理念だ。

創業は1920年(大正9年)。高橋佑社長の曽祖父、高橋義男が「与板屋 高橋義男商店」の屋号で紙袋の製造を始めたのがルーツだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン