/

この記事は会員限定です

車いすで特急の旅 西武鉄道「ラビュー」体験ルポ

バリアフリーの先へ・番外編

[有料会員限定]

1月下旬の早朝、西武池袋駅構内に1台の特急電車が入ってきた。鈍い銀色に丸みを帯びた特徴的な車体。2019年3月デビューの通称「Laview(ラビュー)」。従来の車両より一回り大きく、トイレや乗降口にバリアフリー設備を備えた新型車両を体験した。

「わ、広い。乗りやすいですね」。東京都世田谷区の戸田縁さん(64)はホームからラビューの車内を見渡し、車いすを進めた。

肩がぶつからない乗降口

戸田さんは1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バリアフリーの先へ

自分や家族が、がん患者や障害者だったらどうしますか――。最低限の日常生活を送るための「バリアフリー」は進むが、それではマイナスがゼロになっただけ。病や障害を障壁(バリアー)ではなく個性やチャンスととらえれば、社会的・経済的な価値を生み、マイナスはプラスにもなる。バリアフリーのその先を見据える人たちのストーリー。(この連載は本編5回、番外編1回で構成します)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン