/

首相「痛恨の極み」 有本恵子さんの母死去で

安倍晋三首相は6日、北朝鮮による拉致被害者の有本恵子さんの母親、嘉代子さんの死去を受け「元気なうちに恵子さんを取り戻すことができなかったことは誠に痛恨の極みだ」と述べた。拉致問題の解決に関して「家族が高齢になる中、あらゆるチャンスを逃さず果断に行動しなければならない」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。

首相は「条件を付けずに金正恩(キム・ジョンウン)委員長と向き合う決意だ」と強調した。「家族が自らの手でお子さんたちを抱きしめる日がくるまで私の使命は終わらない」とも訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン